細やかな相談

最初が肝心注文住宅の注意点

大抵の人が一生に一度の高額な購入となる注文住宅の建築には細心の注意が必要です。 気をつける点は3つあります。 1つ目は打ち合わせに関してですが、注文住宅の場合は細かな要望や建築家との話し合いの必要性から一度の打ち合わせで終わる事は、まずありません。 そのため長時間・長期間になってしまうことから内容に関しては、必ず記録しておき建築家やスタッフとの間で情報の共有をしておきましょう。これが出来ていないと工事が終わった時にイメージと違ったり、自分の要望が反映されていないなどのトラブルになりがちです。 2つ目は自分の家に対するイメージを明確化させておくことです。 曖昧な情報では打ち合わせに余計な時間がかかると共に建築家に任せたままでは要望どうりの家など建ちません。 3つ目は建築家や工務店など相手の意見をしっかり聞くことです。自分の要望のみ伝えて満足していても、実際問題として建築不可能では意味がありません。お互いの意見を交換する事で有意義に計画を進めていく事が出来ます。

良い建築会社を見つけるには

良い注文住宅を建ててもらうためには、まず、良い建築会社を見つけることが重要です。 多くある会社から自分にあった所を見つけるのは至難の業です。 選び方としては、気になる会社と他社の施工事例の比較・モデルハウスの見学・坪単価などを参考にするのが一般的ですがこの方法では欠点として、あくまでこれらのデーターは会社の都合の良い部分しか出していない事がほとんどなので、自分に合っているのかどうかはっきり分からない事が挙げられます。 注文住宅は各個人に合わせたもののため、自分に本当に合っているかどうかは各会社の見積もりを取り寄せてみる事で、より分かりやすい比較をする事が出来ます。 自分にあったプランや金額が明確化できますし、比較していくうちに知識もつき各会社のメリット・デメリットを見分ける事も出来てくるかもしれません。