工夫するメリット

3000万円も控除を受けられます

一戸建ての売却を個人が行った場合、所得税が課税されます。この場合、一戸建ての売却金額から、購入金額を控除した金額に税率を掛けて、所得税額は計算されます。しかし、一定の要件を満たしていれば、特別に控除を受けることができます。それが、3000万円の特別控除制度です。居住用不動産についてのみ認められているこの制度は、ハードルが非常に低いのが特徴です。例えば、親族等の一定の者に売却しないことが要件の一つです。しばらく住んでいないという場合は、住まなくなってから3年以内に売却する必要があります。他に細かな要件はありますが、大きな要件はこれくらいです。一番厄介になると言えば、確定申告くらいになります。本当に受けやすい制度なので、ぜひ活用しましょう。

工夫すれば6000万円の控除が可能です

この制度は、1人につき3000万円の控除を受けることができます。そのため、夫婦が2人で売却した場合、合計で6000万円の控除を受けることができます。夫婦2人で売却するというのは、共有しているケースの話です。夫と妻が一戸建てに対してそれぞれ持分を有している状態を指します。最近、共働きの夫婦が増えています。それぞれで住宅ローンを負担できるということで、共有で一戸建てを購入されるケースが増えています。そうでなくても、贈与税の特例制度を利用すれば共有状態にできます。贈与税の配偶者控除という制度を利用すれば、2000万円までの金額を非課税として、持分を贈与できます。6000万円も控除を受けられれば、所得税が発生してくることはなかなかありません。一戸建てを売却する前に、共有状態にもっていけないか検討してみましょう。