house

細やかな相談

注文住宅は長く生活を送る場所であるため、後悔のないように設計を行っておくことが必要になります。建築家との細やかな相談が必要になってくるので、信頼できる所を見つけておくようにしましょう。

もっと詳しく

工夫するメリット

一戸建てを売却するのなら、正しい知識と工夫できるところを知っておかないといけません。そうすれば、自分への負担を軽減できますし、お得に希望する価格で販売してもらえるようになります。

もっと詳しく

家族構成で決める

みんなの憧れの家はモダン住宅にすると手に入れることが出来ます。高級感があり優雅な時間を毎日過ごすことが出来ます。

注文住宅を建築する家族構成として一番多いのが夫婦プラス子供という構成です。ここに両親や兄弟などが複雑に同居するケースもありますがほとんどの注文住宅がこの夫婦プラス子供、もしくは夫婦という構成です。この場合住宅建築にご主人が積極的で奥様が後ろで話を聞いているというケースが非常に多いのです。しかし奥様のほうが使用する時間が長いキッチンや洗面所、選択スペースなどに関しては奥様がしっかりと勉強をしてどのような設計がよいのかを決定することをお勧めします。もちろんご主人も使用するときのことを考えて間取りを考えたり設備を検討します。しかし普段奥様がメインで料理をするのであれば奥様の使い勝手の良いように設計する必要があるのです。キッチンの調理台の高さなどは奥様の伸長を考慮して高さを決めるべきです。悩んだ時にはご主人がより使いやすいほうを選択するべきです。注文住宅を設計する際には主導となる人が存在するはずです。しかしそこに住む人全員で考えて間取りや設備を考えることで家族全員が快適に過ごすことができるのです。

注文住宅を設計する際にはまずは動線を考えることです。家事動線、洗濯動線、帰宅動線など様々なシチュエーションを想定し無駄のない動線になるように配置することが重要です。動線を考えることで自然と収納の位置も決まってきます。その動線の中でどこに何をしまう収納があれば一番効率が良いのかを判断するのです。適切なところに適切な収納を作ることで部屋が散らかることを防ぐことができるのです。 収納の大きさや位置を自由に決めることができるのが注文住宅の良いところです。 この時に大切なのは数十年後の生活もある程度想像しながら設計する必要があります。特に子供がいる場合や介護をする予定がある場合などは数年後、数十年後にも住みやすいようにあるいはリフォームしやすいように設計することが大切なのです。

デザイン性を重視

住宅の内装や外観を好みに合わせて仕上げてもらいたいという場合はデザイン住宅が適しています。建築家によって特化しているジャンルが異なるので、事前にホームページなどで情報を集めましょう。

もっと詳しく

ライフスタイルに特化

気に入った住宅に仕上げていくためには、ライフスタイルにあっているがどうか確認を行っておくことが必要になります。一戸建て住宅であると様々な希望を叶えやすいので多くの注目が集まっています。

もっと詳しく

流行に合わせる

現代風に作られた住宅のことをモダン住宅と言います。また、デザインのセンスは建築士によって異なっていくため、好みや理想、流行に合った物を提供してくれるのかどうかについて確認していくようにしましょう。

もっと詳しく